肩書というものを誤解して自慢したら斜め目で見られますよ

肩書というものを誤解して自慢したら斜め目で見られますよ

よく言われるのが芸術的な書道という奴です。
何ですかそれって結構思ってしまいますけど、習字と書道の違いってあるんですよね。

 

習字って戦後の書写教育という現在の日本の文字の書き方になっていて、書道って文字のアートなんですよね。
そういえば、カリグラフィーもそうなんでしょうね。
ああいうのって面白いですよね。

 

おばさま方にはカリグラフィーで、中年系には書道って感じでしょうかね。
絶対そうだとも言えませんけど、和製洋風ものが好きか、純粋に日本ものが好きかで別れるという事なのでしょうかね。
自分としては、将来性で書道という感じはあります。
中国やそっちでさらに深く突っ込んで勉強出来るのと、会派に入ると、肩書がつくのです。
病院ではうつの自分、書道では理事長だとかの自分。
肩書ってつまらんもんだとは思います。ほんとのところはですね。

 

正直書道なんて、なんだっけって人から見たら専任理事長とか言われても、ああそうで終わります。名前なんてくだらないものです。
とはいえ、話題作りにはなりそうですね。
ただそれで威張ってしまったら人から、そういう人だと思われるような気はしますね。

 

うちのまる犬が何か吠えていますね。コンビニで、猫の餌も買ってこないといけないですね。
昼ごはんも又ラーメンですか。ふむ。墓場までラーメンですな。